申告期限に遅れない為に

相続税の申告期限に遅れない為にはどうすればいいのか? - 相続税の申告期限に遅れない対応を

相続税の申告期限に遅れない対応を

相続税・贈与税の改正にともないそれまで他人事だと考えていた方も申告が必要になる可能性が出てきました。
他の納税と違い誰もがほぼ初心者の相続税は、実は税理士の中でも専門分野にしている方が少ないのが実情です。
対応を依頼をする際は扱っている案件数が多い税理士事務所を選ぶことが大事です。経験と普段からの情報量が申告を左右するので大きな差が出ることもあるからです。

相続が発生した際のステップ

葬儀の手配や様々な対応に追われてしまいますが、相続の準備も申告の期限があるため早めに始める必要があります。まず最初にすべきことは相続財産の内容を知る事からです。全てをリストアップし相続財産を把握しましょう。骨董品や美術品は高価なものは家財扱いになりません。注意が必要です。
相続人の特定も必要になるので戸籍謄本などで調べます、接点のない相続人がいる可能性もあるので必要な作業です。
bgfhythyt
資産、負債などが明らかになったら相続放棄や限定承認の判断をします。何もせず3カ月を過ぎると単純承認として扱われるので注意して下さい。前述した作業ができたら必要に応じて被相続人の準確定申告もしておくとよいでしょう。
分割協議には原則相続人全員が出席となっています、協議のゆくえは遺言や生前の対応に左右されるのではないでしょうか。協議の結果を遺産分割協議書として作成し分配する財産の名義の変更を行います。
基礎控除(3000万円+600万円×法定相続人)を超える純資産額がある場合、相続税の申告期限は相続が始まって10カ月以内です。
遺贈は遺言によって財産をあげることをいいます。贈与は生きている間に財産をあげることを言います。主に肉親でない他人に遺贈するものですが、相続税は発生するので注意してください。
遺贈は故人に変わる執行者が必要です、それを遺言執行者といいます。民法で定められており遺言書を書く人が指定、または遺言執行者を決めることを委託することができます。執務執行者がいる場合、財産の処分や遺言の執行に関して相続人でもそれを妨げることはできないという、大きな権限を持っています。
遺贈を受ける「受遺者」が遺言を残した人より先に死亡している場合は遺贈は実現されません。代襲して受けることができるといったこともありません。

遺贈の解説

遺贈には二種類あり、遺産の割合を指定してするものを包括遺贈「A土地を◯◯に与える」というように指定した財産を遺贈する特定遺贈があります。
hgnyt
包括遺贈は遺産全体に対する割合を示すものであることに注意して下さい、仮に包括遺贈を法定相続人以外の人にするとお考えの方は注意すべきです、この(包括遺贈)場合、受遺者も遺産分割協議に参加することになり、こころならずも他の相続人の反感を買ってしまうことにもなりかねません。

受遺者の権利

包括受遺者は相続人と同じ権利と義務をもっています。したがって遺贈の放棄は相続人同様3カ月以内に家裁に申述しなくてはなりません。特定遺贈は遺言者の死亡後いつでも放棄が可能で、家裁への申述も不用です。そのかわり遺贈義務のある遺言執行者や相続人に内容証明によって意思表示をすることになります。

申告期限 税金への考え

アーカイブ